FC2ブログ
 

THE相場観

実践的なつぶやきをしながら相場観を公開するブログ
 
 
ご訪問ありがとうございます
スポンサー
1日1回ポチッとよろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
THE相場観動画の広場!
1月30日(火)下落の始まりを捉えた分足チャート!
にほんブログ村
人気ブログランキング

12月31日:来年の相場 / おまけ:THE相場観の思考・・・ 

年内最終日、掉尾の一振といえるかどうか微妙ではありますが無事終了といったところでしょうか。夏以降の不安定な展開からして年末年始持ち越すのはリスクですから、売られて引けた感じですかね。ナイトセッションからは、軟調な展開ですね。

<2016年相場感と基本的な戦略>

今年8月以降中国チョックから年内にかけて不安定な相場展開が続いてきました。そして最大のイベントは米国の金利上昇ですね。米国金利上昇は世界経済にとって大変大きな意味を成します。2016年はその影響を受けると思います。日本経済においても、アベノミクスによる円安効果を十分に織り込んできました結果2万を超えてきたわけです。チャート的には、月足を見れば一目瞭然ですが美しいトレンドフォローを形成してまいりました。現状も上昇トレンド中ではあります。長期的なトレンドは月足で監視していけば良いと思います。

しかしながら2016年からは、日経平均はどうなるのか?引き続き上昇トレンドを継続していくのか?

まず最大に注目したいと考えているのは「ドル円」です。
・日米金利差 ・日銀の追加緩和の有無

日本企業の業績もまずまずの水準でくるのだと思います。しかし、ここまで業績を押し上げた大きな要因は円安です。日銀の金融緩和を十分に享受し一旦ピークを迎えたといってよいでしょう。というのは円高が一服したからです。2015年のEPS(一株利益)で約1200円程度 PER(株価収益率)13~18倍の範囲でした。2016年に21000円を超えていくには、EPSの上昇か、PER倍率の上昇となります。直近過去PERは20倍を超えるケースは確かにありますが、それには半端ない株価の先高期待が存在していた場合です。まさにアベノミクス効果。一方業績はどうか。。2016年円安以外の要因でEPSを上に持っていける要素があるか?個人的には疑問符がつきます。となればやはり更なる円安が必要であるという結論に至ります。

日米金利差はどうか?
日銀の追加緩和は実行されるのか?

大事なポイントでしょうね。来年は米国の利上げ回数や水準が話題になってきます。それにより円安円高が揺れ動きます。日銀の追加緩和も実行されればわかりやすい結果になります。

このあたりがはっきりしない限りレンジ相場が続くと見てます。要はこれまで以上の円安に傾けば日本の輸出企業の収益が押し上げられEPSの上昇となり、それそのものが根拠となり海外勢が株価押し上げに走る。逆に円安に向かう理由が存在しない中では株価を釣り上げには常に上値限界が存在する事に。下落リスクはというと世界的に緩和状態が続いているので過度な円高も限度があるので株価も下がりにくい。なのでかなり幅のあるレンジ相場になるのではないかと見ているわです。これまでのアベノミクスで形成していた美しいトレンドフォローをあまり期待できないようなイメージでいます。上昇時間帯も短く、下落時間帯も短く。投資家泣かせの相場展開の可能性が十分あるのではないかと。方向感が出ない相場はけっこう難しいです。

日経が高騰するにも、暴落するにも、分かり易い根拠が必要です。わかりやすいネタがあるからこそ海外投資家が仕掛けてくるわけです。何故か?好材料でも悪材料であっても、それらが出れば連日連月当該関連ニュースが市場をにぎわします。その為市場参加者を巻き込みやすくなり、海外投資からずれば適切な資金量で相場を動かす事ができ莫大な収益を効率良く稼ぐ事が出来るからだと考えています。例えば、好材料が続く見通しの中で売り崩して儲けるのと株価を上昇させて儲けるのとどちらか簡単かといえば答えは簡単です。

そしてこれはは実体経済となんら関係がありません。完全に投機的資金だけの話です。投資ならばマザーズやジャスダックの方がまだ適しているとは思います。

ながながと書きましたが、大雑把な相場観と自分で位置づけてます。一度考えた相場観にこだわりはありません。日々変化する相場と向き合い、それに伴い相場観も日々変わっています。2016年もそういう意味では日々考え方が変わっていく事でしょう。それで良いと思っています。相場をあてに行っては良くないと思っています。まず100%あたりませんから。相場に対応していく事を心がけていきたいです。

おまけ・・・・・
THE相場観の投資に関わる思考の一部を紹介します。

①1円でも儲かっていればOK
②ロスカットするトレードの減少を目指す事(はっきりいって無駄なトレード。だったら休憩した方が良い)
③②に関係しますが、自信が無い、わからない場合は休憩する事。無理しない
④自信がある、わかる展開の時にしっかりトレードする
➄自信がある、わかる展開を増やすために日々チャートを見る
⑥➄が増えると収益チャンスが広がる

何れ機会があれば、THE相場観の相場に関する考え方をつづれればと思っています。たいした内容ではないとおもいますけど。

最後に、今年1年、本ブログをご愛読いただきまして誠に有難うございました。たいした記事ではありませんが来年も適当に記事を書ければと思っています。

それでは良いお年をお迎えください。


By THE相場観



☟よろしければ、クリックお願い致します☟☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 株ブログ 相場観へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへにほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 先物取引ブログへ




スポンサーリンク

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

THE相場観チャネル!トレード画面を公開!
THE相場観 企画コーナー!
無料銘柄公開中!
グラーツ投資顧問 株マイスター 株プロフェット
無料銘柄公開中!ミリオン PR
THE相場観よりご紹介です!大手投資顧問さんの無料会員登録で注目銘柄を公開中です!是非この機会に情報収集してみてください! ☟☟☟ 無料会員登録はこちらから ☟☟☟ ミリオンストック投資顧問
カテゴリ
経済指標
プロフィール

Business jump

Author:Business jump
投資をはじめて約20年。日経先物・オプション・信用取引を中心にトレード中。実践的なつぶやきをしながら私の投資の考え方を公開していこうと思います。

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック