FC2ブログ
 

THE相場観

実践的なつぶやきをしながら相場観を公開するブログです。20年以上投資歴です。はじめ株取引でしたが、ここ10年は、日経平均先物、オプション取引が多いです。日経平均の動向は、日経平均先物及びオプション取引やドル円など為替と密接に関係しています。テクニカルやファンダメンタルなど考慮し、FXトレーダー目線も交え投資戦略を考え投資活動をしています。平日ほぼ毎日、相場観を語っています。楽天証券のMarket Speedを使っていますが、その取引画面や過去のチャートの動きを動画で解析もしています。「THE相場観の投資図書館」と題した特集記事も掲載していますのでお時間ある際にお立ちよりください!
 
 
ご訪問ありがとうございます
スポンサー
1日1回ポチッとよろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
THE相場観動画の広場!
1月30日(火)下落の始まりを捉えた分足チャート!
人気ブログランキング

10月26日:CME一時19190円!/中国ダブル緩和だそうで 

先週末CMEが好調で、一時19190円をタッチしました。引けでも19115円となり好調ですね。そして、中国が追加利下げとともに預金準備金を引き下げましたね。この影響もありナイトが好調だったのでしょう。

~引用~
【北京時事】中国人民銀行(中央銀行)は24日、追加利下げとともに、預金準備率引き下げを実施した。 二つの金融緩和策を同時に行う異例の措置は、昨秋以降の緩和局面では2回連続。減速する中国経済は出口が全く見えず、強力な緩和策を相次いで打ち出さざるを得ない綱渡りの状況が続いている。 預金準備率は、金融機関が人民銀に預けなくてはならない預金の比率。引き下げられると金融機関の融資余力が高まり、中国では利下げと並ぶ代表的な緩和策だ。しかし、通常は同時に行うことはない。前回8月に続くダブル緩和は、当局の危機感を際立たせている。 「切羽詰まった対応」(金融業界筋)を迫られる背景には、資金の国外流出がある。景気は一向に上向かず、見切りをつけた海外の投機筋が資金を引き揚げている。市場では人民元の下げ圧力が強まり、人民銀は下落を食い止めるため、元買い・ドル売り介入を続けている。 
~時事通信~


上昇基調になっており良いムードとなってきました。この調子だと引けで先物三役好転になりそうですし、週足でも雲上限を超えて推移中で投資家心理が改善されつつあると思います。ムードが変わるとヘッジファンドもそのそのムードにのっかってきますから。こんどは、日足や週足ともに雲の上限が下値サポートになると期待してます。

ただし、ちょっと高すぎますね。5日線や25日の乖離率がありすぎる。ふつうはあまり上昇しません。移動平均線が追いつくまで足踏み。ですが25日移動平均線が5%でとまらないと8%、それでもとまらないと10%まで乖離する事があります。今回8%で19500円までの上昇は「無くはない」とは思いますので注意ですね。

今週のFOMCと日銀がピークにはなるとは誰しも思っている事でしょうから、そのつもりでいる事にします。

どうなるか?



☟よろしければ、クリックお願い致します☟☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 株ブログ 相場観へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへにほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 先物取引ブログへ






スポンサーリンク

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

THE相場観チャネル!トレード画面を公開!
THE相場観 企画コーナー!
無料銘柄公開中!株マイスター
株マイスター
無料銘柄公開中!ミリオン PR
ミリオンストック投資顧問
カテゴリ
経済指標
プロフィール

Business jump

Author:Business jump
投資をはじめて約20年。日経先物・オプション・信用取引を中心にトレード中。実践的なつぶやきをしながら私の投資の考え方を公開していこうと思います。

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック