THE相場観

実践的なつぶやきをしながら相場観を公開するブログ
 
 
ご訪問ありがとうございます
スポンサー
1日1回ポチッとよろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
THE相場観動画の広場!
1月30日(火)下落の始まりを捉えた分足チャート!
にほんブログ村
人気ブログランキング

12月29日:特集!THE相場観の「大納会お疲れ様でした!&来年どうなる日経平均!」 

特集!THE相場観の「大納会お疲れ様でした!&来年どうなる日経平均!」

本日の大納会で年内の株式の取引は終了となりました。(先物は明朝まで)12月度には、23000円のネックラインがなかなか超えられず、期待はあったものの結局難しかったですね。ただ、大きな崩れも特になく底堅い相場展開が続いてのではないでしょうか。米国の税制改革法案が通過し、材料出尽くしではあったと思いますが、そこから崩れませんでした。個人的には、それなりに売り込まれるのではと思っていたのですが、横ばいです。となるとやはり、しばらくの調整を経て、来年度が上昇していく可能性があるのだろうと思います。

心境としては下記記事にある通りです。
特集!THE相場観の月足ボリンジャーバンドから見えるもの!
http://businessjump.jp/blog-entry-1931.html

月足で見ると、揉み合いからの上放れの状態で、しばらく月足で上昇していく傾向があります。長いケースだと、来年5-6月までジリジリ上昇していく可能性も否定できませんね。前向きな相場観ですが。米国も税制改革法案を通過した後、材料難でありつつもダウは堅調といって良いでしょう。ナスダックもアップルも急落するなどありましたが、調整が完了すれば再上昇するチャート形状に見えます。

そして、来年の相場観は、期待を込めて上へ「あがってもらいたい」目線
現状の日経平均は、三角持ち合いを形成中となり、来年より上か下に放れていく事になります。良好のファンダを背景に上昇を維持していくと見ていますが、何れにしても23000円を超えればです。長い持ち合いから23000円を超えれたトレンドが出るとは思います。それに期待をしたいです。それまでは、個別銘柄でも物色していければと思います。




年末のご挨拶
今年も相場いを大いに楽しみ又勉強した1年でした。ご愛読者様も、結果については良きも悪しきも個人投資家としてトレードに取り組まれてきた方も多いとい思います。トレードは決して簡単なものではありません。理屈もとっても大事ですが、どしても経験がものをいう世界でもあるのです。毎日のチャートは、基本的に何一つとっても同じな形状はありません。だから経験が必要なわけですね。勘が働くと良くいいますが、この勘の大本は、過去記憶のデーターベースの事を指すと信じています。過去に経験した事に似た事がまさに今起こっているのでは?これがまさに勘が働いた瞬間だと個人的には思ってるわけです。これまで、とんでもなく多くのチャートを見てきたと思います。悪い予感(予勘)で撤退してみたり、良い予感(予勘)でエントリーしてみたりとありました。ここには理屈がいつもあるわけではなく、長年の勘に頼っている事も多いと思います。個人投資家として邁進していくなら、なるべく日々のチャートを見続けて、出来れば先物オプションの値動きも、分からなくとも見てみてください。オプションやる時に感じるのですが、システムの向こうにいる投資家の心境がわかる気がする時があります。(個人的な感想です!)これからも、経験を積んでいければと思います。皆さんと一緒に良い投資家になっていきたいものです。

本年、ご愛読ありがとうございました。心より御礼申し上げます。来年も宜しく御願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。



年内最後のポチッのほどよろしくおねがいします!年末バ―ション!
にほんブログ村 株ブログ 相場観へ


THE相場観 by Business JUMP

今年よりTHE~ブログシリーズの開設を少しづつ始めており、今後も出来る範囲ですが、多方面セグメントに拡張していきたいと思います。著作者名称Business JUMPに統一していこうと思います。といっても何か変わるわけではありませんけど。



年末年始時間があるので特集をアップしていきますので宜しくお願いします。。。



☟いつも応援クリックありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!☟☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


にほんブログ村 株ブログ 相場観へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへにほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村 株ブログへブログランキング・にほんブログ村へ





このエントリーをはてなブックマークに追加

12月9日:特集!~THE相場観の年末商戦の行方~ 


特集!THE相場観の年末商戦の行方

いよいよ年末商戦となります。振り返りですが、ロシアゲート疑惑でダウが大幅下落。日経も22000円を一時割り込む自体となっていました。良好なファンダメンタルが基本的には下支えしていると考えられますが、ダウについて空中戦ですから、強気にもなりにくいのはありますね。日経は、25日移動平均線を割り込みましたが結局押し目買いポイントになった事になります。11月の安値21,835円を下値目処としておりまいたが、22000円が強く意識されたのか、しっかりサポートとなり、大陽線を形成し現在に至るわけです。確かに北の地政学的リスクやロシアゲート、米国税制改革法案とテーマはあるのですが、リスク面においては、免疫が付き始めているように感じます。税制改革法案は期待先行となっておりますが、これ自体、賛否が出始めてきている印象があります。GOOD/経済の加速 VS BAD/財源問題(赤字国債)先々どちらの報道に偏っていくか気になります。赤字国債等不安を仰ぐ記事が出始めておりました。そして、この改革法案が最終決着した折には、材料出尽くしになるのかどか。原則織り込んでいるとは思ってはいるので、そこから下落に入るのは有り得るとは思っていますが、なんともえいません。そこからまだ上を目指すのか。税制改革法案はしっかりチェックし警戒はしておくべきだと感じてます。
 一方テクニカル的には、今回の反転上昇によりWボトムを形成する動きになっています。前に言及したとあるテクニカルで悪化している旨記事にしておりましたが、いま持ちこたえているような状況で、この価格水準を維持すると改善する見通しです。過去の記事 
businessjump.jp/blog-entry-1966.html
 

日足や週足を見てみましょう。先ず日足では、ボリンジャーバンドが収束しており、煮詰まり感が出てます。ここから上昇か下落でバンドが拡大していくわけですが、ファンダメンタルから原則は上目線。Wボトムを形成中であり、ネックラインが23000円。ここを超えてくるとダブルボトム完成するので年末高に期待がかかります。一方週足では、移動平均線では13週線、ボリバンでは、+1σ、一目均衡表では転換線が、夫々サポートしており反発しいている事が確認できます。加えてパラボリック陰転を回避し事も同様の判断となり、底堅さが見れます。


20171209 日足 20171209 週足

先週末の雇用統計も良好でしたし、FOMCで利上げ予定されている事から円安傾向となっております。FOMC利上げで一旦円安に歯止めがかかるものと考えられますが、日足、週足のテクニカル的期待から日経も上を目指いてもらいたと考えています。

願わくば、前回特集のように展開していく事を大いに期待しています。 
→前回の特集 THE相場観の月足ボリンジャーバンドから見えるもの!
businessjump.jp/blog-entry-1931.html


☟いつも応援クリックありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!☟☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


にほんブログ村 株ブログ 相場観へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへにほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村 株ブログへブログランキング・にほんブログ村へ





このエントリーをはてなブックマークに追加


11月3日:特集 ~THE相場観の月足ボリンジャーバンドから見えるもの~ 

特集!THE相場観の月足ボリンジャーバンドから見えるもの!

本日より3連休に入りますが、いかがお過ごしでしょうか?さて本日は、少々時間がありますので、特集と題して月足ボリンジャーバンドから相場状況を考えてみたいと思います。振り返れば地政学的リスクの緊張が高まっていた9月の下落からの生まれた今回の上昇トレンド。当時は、アジア地域で米朝軍事衝突の危機が現実を帯びており、当時9月のミサイル発射実験で日経平均は大きく売られました。結果的には底を付けた格好ですが、その当時、誰がそのタイミングで底と判断できたでしょうか?基本誰もいないでしょう。しかしながらそこから不思議な事にどんどん上昇していくわけです。流れ的におかしいな?とは感じてました。躊躇なく上昇するわけですから。当時を振り返ると地政学的リスクが解決したわけではないのですが、買い判断を下したのは日経平均が20,000円を超えたあたりからです。軍事衝突がいつ発生してもおかしくなかった状況でしたが、しばらく明確に超える事が出来なかった2万ゾーンを日経が超え、更に日足のボリンジャーバンドで+2σを超えて+3σに突入したわけです。売り方の買戻しが原動力になっていたと感じましたが、実際上昇要因がなんであれ目の前で起こっている事実を無視する事も出来ず、ある意味仕方なく乗った感じです。問題は、その後ですね。まさかの上昇トレンドに突入したわけです。今回の上昇でわかりにくいのが、明確な上昇のテーマが全くなかった事です。確かに米国の好業績が背景にあったのは事実ではありますが、例えばアベノミクス発動とか。黒田バズーカ―発射とか投資家全員が自身をもって参加できるテーマはなかったと感じます。9月の初動では売り方の買戻しを主とした需給面による上昇であったとのでしょうが、その後、中間決算において日米好業績が明るみになり、加えて日本市場におけるEPS(1株純利益)が尋常ではない事もここにきて明確になりつつあります。9月で地政学的リスクで恐怖に支配されていたはずの日本市場ではありましたが、水面下では、好業績期待が既に走っていたのかもしれません。今現在では、完全に「好業績期待相場」が今の相場のテーマである事がようやく確信に変わったのだと個人的には理解しています。更には、衆院解散後、自民党が圧勝した事も完全に追い風になりました。「安定政権」期待です。海外投資家から好まれる政治状態だと思います。相場テーマは、「好業績&安定政権相場」といいかえる事ができそうです。

そのような相場分析をする中で注目しているのは、月足のボリンジャーバンドです。図にある通りですが、ボリンジャーハンドが、細くなっている状況をエネルギが蓄積されてりる状態と呼びますが、そこから、上昇に伴い蓄積されたエネルギーが解放されるかの如くバンドがい拡大しつつある状態がわかります。

20171103-2.jpg


2014年の秋口にも近い状態があり、揉み合いでバンドが収束している状態から、上昇によりエネルギーが解放され月足で上昇トレンドを形成しています。2017年の現状も同様でしばらく揉み合ってから、今回の上昇に突入している事がわかります。今の世界的な好景気や好業績を考えると、過去にない上昇があっても全く不思議ではありません。それを考えると、月足ボリンジャーが拡張しつつある現状は、「初動」とも考えられます。われわれが想像する以上の日経平均高値が待っているかもしれません。しかしながら、上昇トレンドとはいえ、必ず大小の調整が入るものです。例えば月足ボリンジャーを参考にするならば、+2σ(下限)~+3σ(上限)をレンジと見立て、調整による下落は最大で+2σまでは有りえると想定しておく必要があります。そこから急浮上してバンドウォークし上昇トレンド軌道に戻っていく相場展開をイメージしておく事も大事だと思います。


個人の所見レベルではありますが、現状の相場展望を特集として記事にしてみました。勿論、想定とは逆の方向に進んだ事も必ずワンセットでシナリオを用意しておく事も心がけています。実はこれが一番大切な事だと思っています。




☟いつも応援クリックありがとうございます!本日もポチッとよろしくお願いします!☟☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


にほんブログ村 株ブログ 相場観へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへにほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村 株ブログへブログランキング・にほんブログ村へ







THE相場観チャネル!トレード画面を公開!
THE相場観 企画コーナー!
無料銘柄公開中!ジャパンプライベートエージェント (PR)
ジャパン・プライベート・エージェント投資顧問 ジャパンプライベートエージェント無料銘柄の実績の一部を公開しています。詳しくはこちらから! http://businessjump.jp/blog-entry-2069.html ルーデン(1400) 【無料コラム:急騰銘柄狙い撃ち】 提供日:2018/01/09 提供日価格:391円 提供後高値日:2018/01/19 提供後高値:840円 上昇率:114% 100万円投資で114万円儲け 1400ルーデン0109
無料銘柄公開中!ミリオン PR
THE相場観よりご紹介です!大手投資顧問さんの無料会員登録で注目銘柄を公開中です!是非この機会に情報収集してみてください! ☟☟☟ 無料会員登録はこちらから ☟☟☟ ミリオンストック投資顧問
カテゴリ
経済指標
プロフィール

Business jump

Author:Business jump
投資をはじめて約20年。日経先物・オプション・信用取引を中心にトレード中。実践的なつぶやきをしながら私の投資の考え方を公開していこうと思います。

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック